HOME>トピックス>【釣りを楽しもう】中古漁船を買いたい人の為のサイト

目次

船は案外高くない

漁船

釣り好きが講じて、船舶免許を取得したら、次に欲しくなるのが船ですよね。船は高そう!手が届かない!と考えているなら、大丈夫です。船はみなさんが思っているより高くありません。まず、船は車と同じく、新船舶と中古船舶に分かれます。新艇であれば、かなり高額な場合も多く、基本は700万円ほどからと言われています。しかし中古艇であれば100万円ほどで買えるものもあるのです。小型のものであればもっと安いものもありますが、修理や取り付けの費用もかかることを考えると最低でも100万円は必要です。しかし、車と比較するとそれほど高いものではないことがお分かりいただけると思います。

中古漁船の維持費は?

漁船

中古漁船の維持費はどのくらいかかるのでしょう?まずは燃料代です。燃料代は車のガソリン代と同じく走行した距離により変わってきますが、月1回の釣りで1万円ほどかかるとすると、年で12万円ほどかかります。かなり個人差が大きい費用です。次にオイル交換代です。オイル交換代は年に1回行う必要があります。1回で25000円かかります。次に必要なのが、任意の保険です。車で言う車両保険に値するもので、年間10万円ほどです。また、中古漁船にも車検のような船舶検査というものがあり、それについても1年で1万円ほどかかります。しかし車と違うのが、船には自動車税のような税金がかからないことです。

選び方の基本

中古漁船を購入する際にどの船を選んだら良いかわからない時はまず、自分がどのような場面や場所で船を使いたいと思っているかが重要です。大きなボートは装備が充実していますが、狭いところで釣りをしたいと考えているのに大きなボートはミスマッチです。そのような場合は、小さなボートの方が小回りが効きます。どのようなシーンで使うかも決まっていないというのであれば、まずは安価な小さめのボートを選びましょう。使っていくうちに自分に必要な装備や大きさが分かっていきます。

エンジンも重要

ボートに応じたエンジンも重要です。エンジンにも種類があり、船外機、船内外機、船内機と3種類です。船外機は近海での釣りに適していて、沢山のモデルがあるので、様々な馬力を選べます。また、メンテナンスが簡単なのもメリットです。船内外機は安価で、微調整が可能です。また、船内機は安定感がある分高価です。

広告募集中